九都県市とは

九都県市とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の、首都圏の九つの自治体のことで、九都県市に共通する課題や、広域的に取り組むべき問題の解決のため、知事・市長を構成員とする「九都県市首脳会議」という会議を設置しています。

九都県市は日本の人口の25%、国内総生産の30%を占めており、日本経済の中心でありますが、それに伴い大量で多様な廃棄物が発生し、焼却処理によるダイオキシン類や地球温暖化につながる炭酸ガスの発生、最終処分場の不足など深刻な問題を抱えています。

九都県市では、このような問題を解決するために、廃棄物の適正処理の確保のみならず、廃棄物の発生から処分の全ての過程において、環境への負荷を極力低減する「資源循環型社会」の構築を目指して、様々な取組を行っています。

※九都県市における廃棄物問題への取組については、「九都県市リサイクルスクエア」をご覧ください。